HOME > 実績 > 現在の展覧会

現在の展覧会

アートアンドパートでは、毎年 30~40箇所の美術館・博物館、文化施設で音声ガイド・サービスを行っております。


アートアンドパートの音声ガイドをお楽しみいただける展覧会

photo
国宝東塔大修理落慶記念 薬師寺展
あべのハルカス美術館(大阪):2020年2月28日(金)~4月19日(日) 現在臨時休館中
日本語
【公式サイト:https://www.aham.jp/exhibition/future/yakushiji/

★音声ガイドの紹介:
創建当初の姿を今に伝える東塔の修理が完了。
この機会に、薬師寺の寺宝が一堂に会します。

薬師寺は、西暦680年、天武天皇が皇后(後の持統天皇)の病気平癒を祈願して発願されました。
その薬師寺に創建当初から唯一現存する東塔の大規模な解体修理が、2020年4月、落慶を迎えます。
落慶を記念して開催される本展では、今回の修理の成果を初めて紹介するとともに、1300年の長きに渡り東塔の頂を飾っていた水煙や、非公開の国宝、重要文化財を多数含む薬師寺の寺宝を展示します。

音声ガイドのナビゲーターは、女優の松下奈緒さん。
奈良県ご出身の松下さんが、大切に受け継がれてきた薬師寺の歴史と文化をご案内します。

■声の出演
ナビゲーター:松下奈緒(女優)
ナレーション:目黒光祐(ナレーター)

photo
特別展 江戸ものづくり列伝 ニッポンの美は職人の技と心に宿る
江戸東京博物館(東京):2020年2月8日(土)~4月5日(日) 現在催事休止中
日本語 / English
【公式サイト:東京都江戸東京博物館公式サイトはこちらから 】

★音声ガイドの紹介:
「ものづくりの力」の源を見つめ直す旅へ、
講談師・神田伯山さんがご案内します。

日本人の日々の暮らしを豊かに彩ってきた、日本の伝統美術。
職人たちの研ぎ澄まされた技と心で作り出された「美」には、日本人の豊かで繊細な美意識が凝縮されています。
本展では、江戸・東京で活躍し、それぞれの時代の空気を吸いながら、ものづくりの世界に生きた特色ある名工たちの作品と人生をご紹介します。
また、日本に魅せられたヨーロッパ貴族・バルディ伯爵の日本コレクションが、日本で初めて公開されるのも注目です。

音声ガイドでは、講談師の神田伯山さん(松之丞改め)が、職人の美の世界への案内人を務めます。
さらに、ボーナストラックでは、講談「陽明門の間違い」「青龍刀権次」「小猿七之助」の一部もお聴きいただけます!

伯山さんの小気味よい語りで、江戸・東京の職人が守り伝えてきたニッポンの美を堪能できる音声ガイドを、ぜひ、お聴きください。(M.I)

■声の出演
ナビゲーター:神田伯山(講談師)
ナレーション:玉川砂記子(ナレーター)

photo
特別展「和食 ~日本の自然、人々の知恵~」 現在臨時休館中
国立科学博物館(東京・上野):開幕日未定~6月14日(日)
日本語 / English / 中文 / 한국
※お耳のご不自由なお客様へ、1部560円(税込)でスクリプトの貸出をしています。
【展覧会HP:https://washoku2020.jp/index.html

★音声ガイドの紹介:
魅力あふれる和食の世界―。谷原章介さんと一緒にでかけませんか?

和食。私たちは何気なくこの言葉を使っていますが、思い浮かべるイメージは世代、地域によっても異なります。この展覧会では、日本列島が生み出した食材の多様性や、人々の歴史の中で生み出された知恵や工夫を辿り「和食とは何か?」という問いに迫ります。

音声ガイドでは、日頃から台所に立ち、料理をふるまう俳優の谷原章介さんがナビゲーターとなって皆様をご案内。寄り添うようなナレーションは、まるで一緒に展覧会を回っているかのよう。
ボーナストラックでは、谷原さんの考える「食について」コメントをいただきました。
和食についてさらに詳しくなるためのスペシャルトラックとして、展覧会監修者である国立科学博物館 副館長 篠田謙一博士、和食文化学会会長 佐藤洋一郎博士のインタビューも収録しています。

味わい深い和食の世界を、音声ガイドとともにぜひご堪能ください。

■声の出演
ナビゲーター:谷原章介(俳優)
ナレーション:玉川砂記子(ナレーター)
特別出演:
篠田謙一博士(本展監修:国立科学博物館 副館長 兼 人類研究部長)
佐藤洋一郎博士(本展監修:和食文化学会 会長)

photo
「シュルレアリスムと絵画―ダリ、エルンストと日本の「シュール」」展
ポーラ美術館(神奈川・箱根):2019年12月15日(日)~2020年4月5日(日) 開催中
日本語・English

★音声ガイドのポイント:
約100年前に誕生した芸術運動、シュルレアリスム―
西洋での絵画への展開、日本での受容と「シュール」な表現を辿ります。

今から約百年前のフランスで誕生した「シュルレアリスム」は、20世紀の美術に最も大きな影響を及ぼした運動のひとつです。シュルレアリストたちは、理性の支配の及ばない無意識の世界に着目し、「超現実」という新たなリアリティを追求しました。
こうした動向は同時代の日本にも伝えられます。「超現実主義」と訳されたシュルレアリスムは、奇抜で幻想的な芸術として受け入れられ、やがて「シュール」と称される独自の表現へと展開していくのです。
この展覧会では、西洋のシュルレアリスム絵画が辿ってきた道のりと、その影響の中、日本で生まれた「シュール」な表現に迫ります。
音声ガイドでは、シュルレアリストたちの独創的な作品群を、彼らが駆使した独特な技法も合わせてご紹介します。
摩訶不思議な世界を巡るお供に、音声ガイドはいかがでしょうか?

また、ポーラ美術館の音声ガイドでは、企画展ごとに展示替えを行っている常設展の作品解説もお聞きいただけます。特集展示「春を待つ―モネ、マネ、ボナールと日本の絵画」では「冬」と「春」の風景をテーマにした作品を展示し、それぞれに見られる季節の表現をご紹介します。ポーラ美術館の珠玉のコレクションの数々を、作家解説のチャンネルと共にお楽しみください。(K.H)

キュレーター's VOICE
キュレーター's VOICEでは、展覧会を担当した学芸員の方に、展覧会のコンセプトや見所をインタビューしています。
展覧会のテーマを考え、作家や作品を選択し、それぞれの美術空間に効果的な作品の配置を考え展覧会を作り上げていくのがキュレーターです。展覧会が終わった後も、論文や解説を書いたカタログによって、展覧会の歴史を残していきます。指揮者のような役割を担うキュレーターは、よく知っていると思う作品や作家からも、思いもかけない新しい味わいや意味を引き出してくれます。

導入実績一覧

●愛知県美術館●秋田なまはげ館●あすたむらんど徳島こども科学館●ABCホール●青森郷土館●青森県立美術館●アーツ前橋●あべのハルカス美術館●イオンモール京都●イオンモール筑紫野●池袋東武百貨店●石ノ森萬画館●いわき市立美術館●上野の森美術館●江戸東京博物館●NTTクレドホール●愛媛県美術館●大分県立美術館●大分市美術館●大阪市立自然史博物館●大阪市立東洋陶磁美術館●大阪市立美術館●大阪天保山特設ギャラリー●大阪歴史博物館●大塚国際美術館●岡崎市立美術館●岡山市立オリエント美術館●岡山シティミュージアム●沖縄県立博物館・美術館●奥田元宋・小由女美術館  ●香川県立ミュージアム●鹿児島県歴史資料センター●神奈川県立近代美術館●金沢21世紀美術館●川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム●北九州市立自然史博物館●北九州市立博物館●岐阜市立歴史博物館●九州国立博物館●京都国立近代美術館●京都国立博物館●京都市美術館●京都高島屋●京都府文化博物館●久留米市美術館●熊本県立美術館●熊本市現代美術館●銀座松屋●高知県立美術館●神戸市立博物館●郡山市ふれあい科学館市民プラザ●国立科学博物館●国立近代美術館●国立国際美術館●国立新美術館●国立西洋美術館  ●佐賀県立美術館●佐川美術館●札幌芸術の森美術館●サントリー美術館●サントリーミュージアム天保山●サントリー白州蒸溜所●サントリー山崎蒸溜所●静岡県立美術館●静岡市美術館●島根県立石見美術館●島根県立美術館●清水おもちゃ博物館●新梅田シティ 梅田スカイビル●静嘉堂文庫美術館●世田谷美術館●仙台市博物館●仙台市立角館町平福記念美術館●損保ジャパン東郷青児美術館  ●大丸ミュージアム●高浜市かわら美術館●たばこと塩の博物館●彫刻の森美術館●DIC川村記念美術館●ツインメッセ静岡●デパートリウボウ●東京藝術大学大学美術館●東京国立博物館●東京都現代美術館●東京都庭園美術館●東京都美術館●東北歴史博物館●鳥取県立博物館●豊田市美術館  ●長崎市科学館●長崎県立美術館●長崎歴史文化博物館●長野信濃美術館●名古屋市科学館●名古屋市博物館●名古屋ボストン美術館●名古屋市美術館●名古屋パルコ●名古屋松坂屋美術館●奈良県立美術館●奈良国立博物館●新潟県立近代美術館●新潟県立自然博物館●新潟県立万代島美術館●日本科学未来館●日本橋高島屋アートギャラリー●日本橋高島屋催物会場  ●パシフィコ横浜展示ホール●パナソニック汐留ミュージアム●浜松市美術館●阪急うめだギャラリー●兵庫県立美術館●平山郁夫美術館●広島県立美術館●ひろしま美術館●福岡アジア美術館●福岡市博物館●福岡市美術館●福島県立美術館●福島さくら遊学舎●筆の里工房●府中市美術館●Bunkamuraザミュージアム●ポーラ美術館●北海道立近代美術館●ホテル雅叙園東京  ●幕張メッセ●松本市美術館●三重県立美術館●三井記念美術館●三菱一号館美術館●MIHO MUSEUM●宮城県美術館●みやざきアートセンター●森アーツセンターギャラリー●森美術館  ●山口県立美術館●ヤマザキマザック美術館●山種美術館●横浜トリエンナーレ●横浜美術館 ●リバーウォーク北九州●六本木ヒルズumu
(2019年9月現在)

これまでの導入実績

美術館・博物館    企業・公共施設


お問い合わせはこちら

ページトップへ

美術館・博物館、ショールーム、観光地用の高品質な音声ガイドを制作・提供。
Powerd by Tifana