展覧会について

三重県総合博物館(三重・津):2023年7月8日(土) —9月18日(月祝)
岩手県立美術館(岩手・盛岡):2023年9月30日(土)―12月17日(日)
静岡市美術館(静岡・静岡):2023年12月27日(水)—2024年3月31日(日)

音声ガイド:日本語のみ
公式サイト: https://takahata-ten.jp/

■音声ガイドの紹介:
高畑勲が日本のアニメーションに起こした革命とは―。
時代を共にした仲間たちのインタビューを交えてご案内します。

2018年4月、惜しまれながらもこの世を去った日本のアニメーション界の巨匠・高畑勲。
『アルプスの少女ハイジ』や『火垂るの墓』、そして遺作となった『かぐや姫の物語』など、その珠玉の作品群は今もなお人々の心を惹きつけてやみません。日常生活に寄り添った豊かな人間ドラマをテーマに、それにふさわしい新しい表現を徹底的に追い求めた高畑は、日本のアニメーションに大きな影響を与えました。本展覧会では膨大な未公開資料をもとに、高畑の「演出術」に焦点を当て、その作品世界の全貌にせまります。
今回の音声ガイドでは、高畑と共に作品を手掛けた錚々たるクリエイターたちにインタビューを決行!アニメーターや美術家といった様々なクリエイターたちの証言から浮かび上がる、高畑の仕事や人となりは必聴です。また、作品解説ではそのアニメ作品が作られた経緯から、そこに高畑が起こした革新的な演出までを丁寧に辿ります。
音声ガイドのごあんないを務めるのは、俳優の中川大志さん。高畑本人の言葉も交えながら、その作品の魅力を情感たっぷりに語ります。
高畑勲が日本のアニメーションをどのように変革し、影響を与え、そして何を遺したのか―。
その軌跡を、ぜひ音声ガイドと共にご堪能ください。

声の出演
ごあんない:中川大志(俳優)
インタビュー:大塚康生(アニメーター)
小田部羊一(アニメーター・キャラクターデザイナー)
友永和秀(監督、アニメーター)
男鹿和雄(美術家)
山本二三(美術家)